新学期ガイダンスを行いました!

4月6日(火)に4年生のガイダンスを行いました。
検温、マスク着用、換気、手指の消毒…と相変わらず新型コロナ感染予防対策は欠かせませんが、
不自由な中にも新学期に向けての皆さんの期待と意気込みを感じる集いでした。
マスク下の笑顔は、友達に会えて嬉しい、大学に来られて嬉しい、勉強出来て嬉しい、の気持ちの表れだと思います!
また一緒に頑張りましょう!
ガイダンスの中で工学部成績優秀者の表彰もありました。受賞された皆さん、おめでとうございます。

2020年度学位授与式が行われました

3月22日(月)に東京工芸大学厚木キャンパスにて工学部の学位授与式が行われました。
出席者は卒業生・修了生のみでしたが、式典の様子がライブ配信されました。
卒業生の皆さん、おめでとうございます。大学で学んだことを、社会で大いに役立てて下さい。
今後の皆さんの活躍を、教職員一同、心より願っています。


    (2021/3/22朝.学生会館前にて撮影)

2020年度卒業研究発表会

2月9日(火)に、電子機械学科の卒業研究発表会をオンラインにて行いました。
4年間学んだことの集大成として、皆、立派な発表が出来ました。
写真は、発表会翌週2月15日(月)、強雨の後の日差しに現れた虹です。
左は厚木キャンパス6号館。右は図書館。
荒天の後の日差しが眩しい様に、虹が美しい様に、様々な困難に耐えて発表や学業、
仕事を淡々とこなす皆さんは美しく頼もしいです。
コロナ禍、もうしばらくの辛抱が続きますが、その優しさと努力を忘れずに頑張ってください。

辛教授と大学院卒業生の何梓遜君が国際会議(CcS 2020)にてExcellent paper賞を受賞しました

2020年9月23~26日に東京都立大学で開かれたInternational Symposium on Community-centric Systems (CcS2020)において、本学大学院電子情報工学専攻ウェアラブルロボット研究室を卒業し、東京工業大学大学院博士課程に進学した何梓遜君がExcellent paper賞を受賞しました。発表テーマは「A Design of Anthropomorphic Hand based on Human Finger Anatomy」です。著者は Zixun He, Rezenko Roman Yurievich, Satoru Shimizu, Masato Fukuda, Yousun Kang, Duk Shin。人間の筋肉骨格系に基づいた電動義手の開発に関する研究です。

2020年度秋季卒業式が行われました!

9月14日(月)に厚木キャンパス611教室にて秋季卒業式が行われました。
新型コロナウイルスの感染予防のため、今季は、工学部全体ではなく学科ごとの式典となりました。
消毒・マスク等々感染対策を行い、教職員は卒業生を離れて見守る形で行いました。
どんな形で送り出しても、学科教職員は卒業生の皆さん一人一人の前途が希望に溢れたものであることをいつも変わらず願っています。
予期せぬ困難に遭遇した時は、卒業まで頑張れた自分を思い出して乗り越えてください。

卒業 おめでとうございます。